機能性表示食品の開発について

機能性表示食品の開発について

平成27年4月から、「機能性表示食品」制度が始まりました。

 

それに伴い、多くの会社がシステマティックレビューを行うようになってきました。

 

しかし、私たちはこの制度が始まるよりもずっと前から、

 

システマティックレビュー

 

を提供しています。

 

私たちは、もともと機能性表示食品のコンサルテーションが本業だったわけではありません。

 

医薬品や食品メーカーの持つ様々な“素材”を

 

「どのように“商品”として開発していくか」

 

という点で、臨床試験からプロモーション戦略までも含め、

 

“トータルで支援する”

 

ことが本業です。

 

商品開発のプロセスでは、費用面を鑑みると、やみくもに臨床試験を実施するわけにはいきません。

 

そこで、私たちは試験実施の可否や条件設定の目的に、システマティックレビューを実施してきました。

 

企業様のもつ“素材”を

 

・臨床
・プロモーション
・コスト

 

総合的な面から企業様に利益をもたらす“商品”として開発するために、もともと実施していたことが、たまたま、機能性表示食品の制度に役立つ内容であったという経緯です。

 

私たちがこの分野に関わることになったのには、ある思いがあります。

 

「データがまったくない、いわゆる『なんちゃって健康食品』を世の中から排除したい」

 

という思いです。

 

世の中には、

 

「体験談」や「芸能人のコメント」

 

だけで販売促進するような製品が溢れています。

 

本当に良いものを、必要な人に届けたい。

 

そのためには、まず、市場からデータの無い健康食品が排除され、その後に、データのある健康食品のデータの質を検討し、最後にデータでは表せない物事を追加検討するプロセスが重要と考えています。

 

機能性表示食品はその初期段階の

 

データがあること

 

が前提なので、私たちは市場に機能性表示食品の製品を充実させることが先決なのではないかと考えています。

 

機能性表示食品の開発・システマティックレビューは、豊富な経験のあるオクトエルにお任せください。