機能性表示食品の開発の無料相談

機能性表示食品の開発

機能性表示食品の開発・システマティックレビューの作成について
機能性表示食品の開発について

 

機能性表示食品とは?

機能性表示食品についてお話ししたいと思います。

 

まず、これまでは機能性を表示することができる食品は、

 

・国が個別に許可した特定保健用食品(トクホ)
・国の規格基準に適合した栄養機能食品

 

に限られていましたが、機能性を分かりやすく表示した商品の選択肢を増やし、消費者の皆さんが商品の正しい情報を得て選択できるようにと、

 

平成27年4月から

 

機能性表示食品制度

 

が新しくはじまりました。

 

例えば

 

「おなかの調子を整えます」
「脂肪の吸収をおだやかにします」

 

など、特定の保健の目的が期待できる(健康の維持及び増進に役立つ)という食品の機能性を表示することができ、なおかつ安全性の確保を前提とし、科学的根拠に基づいた機能性が、事業者の責任において表示されるものになります。

 

そして、消費者の皆さんが誤認することなく商品を選択することができるよう、適正な表示などによる情報提供が行われています。

 

機能性表示食品制度の基本的な考え方は

 

・安全性の確保
・機能性表示を行うに当たって必要な科学的根拠の設定
・適正な表示による消費者への情報提供

 

という、消費者の誤認を招かない、自主的かつ合理的な商品選択に資する表示制度になっています。

機能性表示食品の制度の特徴

機能性表示食品の制度の決まり事として下記の5つが存在します。

 

1.疾病に罹患していない方(未成年者、妊産婦(妊娠を計画している方を含む)及び授乳婦を除く)を対象にした食品

 

2.生鮮食品を含め、すべての食品(一部除く)が対象

 

3.安全性及び機能性の根拠に関する情報、健康被害の情報収集体制など必要な事項が商品の販売前に事業者より消費者庁長官に届け出られる

 

4.特定保健用食品とは異なり、国が安全性と機能性の審査を行っていない

 

5.届け出られた情報は消費者庁のウェブサイトで公開

 

機能性が表示されている食品

機能性が表示されている食品は現在3種類存在します。

 

特定保健用食品(トクホ)

 

健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められ、「コレステロールの吸収を抑える」などの表示が許可されている食品。
表示されている効果や安全性については国が審査を行い、食品ごとに消費者庁長官が許可。

 

栄養機能食品

 

一日に必要な栄養成分(ビタミン、ミネラルなど)が不足しがちな場合、その補給・補完のために利用できる食品。
すでに科学的根拠が確認された栄養成分を一定の基準量含む食品であれば、特に届出などをしなくても、国が定めた表現によって機能性を表示することが可能。

 

機能性表示食品

 

事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品。
販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたもの。
ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではない。

機能性表示食品の開発

機能性表示食品の開発・システマティックレビューの作成について
機能性表示食品の開発について

 

PR